わんにゃん


by hanataretachimimi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

~小町(こまち)~


現在 募集中

小町はとある保護団体さんから、預かり受けた子です。


なーんだか。。。
ヨーダのような・・・金魚のような顔の子だなぁ~というのが第一印象。


超のつく怖がりなのに、
なぜか私だけには懐いてくれて、
最近では私だけにひどいんです。。。ぶったり蹴ったりされています。

でも他の人がくると。。。一転 穏やか小町に大変身(笑)

慣れるまでかなりの時間が必要ですが、
慣れてしまえばとってもかわいく、かけがえのない忠猫になってくれると思います。


小町の歩んできた道はここ⇒H16.8.25~ 現在に至る 小町


c0067066_1234691.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-12 12:08 | 小町(にゃん)

~よんたま~


現在 募集中


去年6月8日。

忘れもしない朝7時過ぎ。。。



道端に転がるようにぽつんとあった茶色い物体。


ピクリともしないその物体が猫だと分かるまでに少しの時間がかかった。

これは冗談でもなんでもなくて、本当に茶色い物体だと思った。


腰が引けつつも、頭をこつんと指で突付く・・・・。


両目をめやにで潰された顔が持ち上がったと同時に・・・
しゃーーーーーっ!!』。。。。


おっかねぇよぅ。。。。(T_T)
と、思いながらも骨だらけのその体を持ち上げると。。。

前足はブラリ・・・後ろ足はダラリ・・・。骨折しまくり~(T_T)


その後病院に行き、適切な治療のおかげで一命は取り留めました。
ただし、右目はもう手遅れでした。

めげない いじけない 落ち込まない 頑張るよん君に負けじと
私も失ったものを嘆くより今あるものに感謝しよう!と、
小さな茶色い物体に教えられました。


よんの歩んできた道はここ⇒H16.6.8~ 現在に至る よん

c0067066_1274850.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-11 11:56 | よん(にゃん)

5にゃんこ物語


みんなそれぞれに 卒業


去年夏、
都内S区で5にゃんことの出会いがあった。



捨て猫を見つけては保護しているらしいおばさまがいて、
脇に抱えた5にゃんこを見ると・・・。


もぞもぞ動ける程度の仔猫5匹が、
著しい脱水状態でほとんど動かない・・・。
おばさまがミルクを口に運ぼうにもうまく飲ませられず・・・。

排泄もお手伝いしないといけないのに、
手元がおぼつかないよう・・・。


経緯を聞くと、
見かねて保護したはいいが、室内は保護猫でいっぱいだったため
炎天下、直射日光があたるベランダに置いておいたら、衰弱が激しかった。

。。。とのこと。。。


たまらず5にゃんこを連れて帰り、まずは保温、ミルク、排泄。
何度か繰り返したその時みんな一斉にモゾモゾ動き始めたかと思うと。。。


ぎゅー ぎゅー ぎゅー ぎゅーっ!


と鳴いてミルクを催促・・・(笑)
その後他の預かりさん宅へ移動預かりっ子日記
それぞれ素敵な里親さんにめぐり合うことができ、幸せに暮らしています。

5にゃんこの歩んだ道はここ⇒H16.7.25~H16.7.26 5にゃんこ

c0067066_11492337.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-10 11:26 | 5にゃんこ

~環(たまき)~


現在 募集中


環(たまき)はなかなか難しい子です。

生後半年くらいですが、
生まれてからずっと過酷な場所で生きてきたので、
普通の子の“それ”とは違うものを持っています。

それでもやっぱり仔犬。
人との触れ合いや他犬との関わりあいがそれなりに楽しいようです。

まぁ、まだまだ戸惑いの方が大きいと思いますが
時間がなんとかしてくれると思います。


環(たまき)の歩んでる道はここ⇒H17.2.12~ 現在に至る 環

c0067066_1126369.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-09 11:18 |

~うに~


平成17年3月5日 卒業

ポメラニアンのうには放棄犬です。

ごく普通の家族、ごくごく普通の家庭から
はじき出されてしまいました。



理由は。。。

飽きたから


そんなどうしようもない理由で、
1年弱サークルへ閉じ込められ、
気分によってはごはんやお水がもらえるという、
飼い殺し状態の中、生活させられていました。

1歳になったばかりの家庭犬があんなに無表情だったことに驚いて、悲しくなって、腹がたちました。

元飼い主には今後犬を飼わない事を約束させて、
うにを置いてもらって早々にお引取り願いました。

別れ間際、元飼い主が流した涙が「偽善」に見えてならなかったからです。

うには他の預かり家庭(うに日記)へ行き、若犬らしい表情を取り戻しました。そしてご縁を掴みました。



うにのことはここ⇒H17.2.7  うに

c0067066_1058233.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-09 10:43 | うに

~九~


現在 募集中



裕次郎と兄弟。

この兄弟は全頭9匹。

飼い犬から子供が生まれ、
飼い主により処分場へ持ち込み寸前で助けられました。
お母さん犬は残念ながら、間に合いませんでした・・・。。。


九ちゃんはちょっと神経質な面もあるけど、
成長と共に和らいでくると思います。


やっぱり兄弟。
裕次郎と同じく乙女系のわんこで、なんとなくシナシナしています(笑)

とってもかわいい九ちゃん。
きっと素敵なお父さんとお母さんが迎えに来てくれること間違いなしです。


九ちゃんの歩んでる道はここ⇒H16.12.07~  現在に至る 

c0067066_10421794.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-08 10:32 |

~裕次郎~


平成17年1月22日 卒業


大きなわんこがやってきた。



その足の太さは・・・・なに・・・汗

その力の強さは・・・・なんなの・・・汗




大きな体に見合わない小さな心臓(笑)
裕次郎はとっても慎重でとっても肝っ玉の小さな男の子でした。


すぐ泣くし(鳴く)、すぐ凹むし、すぐいじけるし。


乙女のような心で、
がっちりしっかりした体形のそのギャップがさらに可愛さを引き立てました~。


今はここからそう遠くないところで、
里親様の4男(女?)としてすくすくと育っています。

体はすくすく。でも心はやっぱり乙女系のまま。。。(笑)


裕次郎の歩んだ道はここ⇒H16.12.7~H17.1.22 裕次郎

c0067066_10311595.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-07 10:20 | 裕次郎

~天(てん)~


平成16年12月11日 卒業


天はホームセンターに兄弟と共に捨てられていました。

そのユニークな容姿とかわいらしい性格で沢山のお問い合わせをいただきました。

だけどなぜかどの方ともご縁がなく、超ロングステイに・・・。


1番長く暮らしてきた天。
天と離れるのは我が子と離れるも同じことでした。

でもとても素敵な良縁に恵まれ、ここを旅立ちました。

時おり頂く近況メールに写る天は、
まるで生まれたときからそこにいるような自然さです。


頑固で凝り性でびっくり屋で偏屈。

だけど

素直でまっすぐで優しくて社交的な天。



天(てん)の歩んできた道はここ⇒H16.5.23~H16.12.11 天

c0067066_10191125.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-06 10:10 | 天(てん)

~生(いく)~


平成16年5月18日 卒業

生は6頭兄弟。

保健所で翌日処分を待つ身でした。
飼い犬から子供が生まれたあげくの持ち込みでした。

6頭のうち助け出されたのは生と、生の姉妹の“なつめ”です。


預かりに入って2日くらいに、
パルボウィルス感染症を発症。

お尻から噴出す血便と繰り返しの嘔吐で毎日病院を行ったり来たり・・・。

まだ幼い生の体を押さえつけてその細い腕に点滴針を刺す毎日でした。


パルボのヤマを頑張って乗り越えた生に待っていたのは、
これもまた辛い疥癬症発症。

しかも生は間髪いれずに立て続けに病気になってしまったので、
パルボ治療の強い薬で体が慣らされ、
疥癬の治療薬がほとんど効かずに、
昼夜問わず体中を掻きむしりました。

お顔も耳もお尻もお腹もはげて、
お世辞にもかわいいとは言えない容姿の生に、
突然のお問い合わせ。

とっても大きなお家とお庭、たくさんのご家族がいるあったかいお家に末っ子長女として迎えられました。

遠く離れてしまったけど、あの大きなお庭を独占して元気に入りまわる生の姿が浮かびます。


生(いく)の歩んだ道はここ⇒H16.3.28~H16.5.18 生

c0067066_1082481.jpg

[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-05 09:49 | 生(いく)

~桃子~


平成16年3月14日 卒業

桃子はトラ毛で見た目は甲斐犬っぽい。

兄弟だというマロン(里親さん日記)とは見た目がまったく違う。

ルーツが分からないんだからしょうがないか。



桃子との思い出はなんと言っても海に行ったこと。

風の強い日でどう考えても「海日和」ではなかったけど、とても楽しかった。


桃子も預かりから約1ヵ月で里親さんが決まり、
あの日の海風のようにあっという間に嫁いでしまった。


車で30分の里親さん宅、桃子が近くで幸せにしてると思うと嬉しい~。

桃子の歩んだ道はここ⇒H16.2.22~H16.3.14 桃子
c0067066_11324853.jpg


現在の桃子の様子はこちら⇒徒然てつれづれる生活
[PR]
by hanataretachimimi | 2005-02-04 11:17 | 桃子